マラソングランドチャンピオンシップシリーズ(MGCシリーズ)名古屋ウィメンズマラソン 2018スタートまで
あと

2017-2018 MGCシリーズ スケジュール

2017/8/27 北海道マラソン2017 北海道・札幌 男子女子
2017/11/12 第3回さいたま国際マラソン 埼玉・さいたま 男子女子
2017/12/3 第71回福岡国際マラソン選手権大会 福岡 男子女子
2018/1/28 第37回大阪国際女子マラソン大会 大阪・大阪 男子女子
2018/2/4 第67回別府大分毎日マラソン 大分・大分 男子女子
2018/2/25 東京マラソン2018 東京 男子女子
2018/3/4 第73回びわ湖毎日マラソン大会 滋賀・大津 男子女子
2018/3/11 名古屋ウィメンズマラソン 2018 愛知・名古屋 男子女子
  • MGC

    このレースにて、優勝すると、東京オリンピック代表に内定。さらに2位、3位のうち「MGC派遣設定記録」を突破した最上位者が代表に内定します。突破者がいない場合は、2位の選手が自動的に代表に内定します。

  • MGCシリーズ

    国内の男子5大会、女子4大会を指定競技会とし、2017年夏〜2019年春(2017-2018シリーズ、2018-2019シリーズ)で実施します。大会毎の順位とタイムをクリアすると「MGC」への出場権を得られます。

  • MGCファイナルチャレンジ

    2019年冬から2020年春にかけて実施し、対象となるのは、男子3大会、女子3大会です。2019年5月に決定予定の派遣設定記録を上回り、最も速いタイムを出した競技者1人が代表に内定します。

  • ワイルドカード

    2017年8月1日〜2019年4月30日までに開催される、国際陸上競技連盟が世界記録を公認する競技会において、条件を満たした競技者は「MGC」への出場権が得られます。

MGCファイナリスト

男子
名前 所属 自己ベスト 出場権を獲得した大会と記録
設楽悠太 Honda 2:06:11 東京マラソン2018 日本人1位(2:06:11)
井上大仁 MHPS 2:06:54 東京マラソン2018 日本人2位(2:06:54)
大迫傑 Nike ORPJT 2:07:19 第71回福岡国際マラソン 日本人1位(2:07:19)
木滑良 MHPS 2:08:08 東京マラソン2018 日本人3位(2:08:08)
宮脇千博 トヨタ自動車 2:08:45 東京マラソン2018 日本人4位(2:08:45)
山本憲二 マツダ 2:08:48 東京マラソン2018 日本人5位(2:08:48)
佐藤悠基 日清食品グループ 2:08:58 東京マラソン2018 日本人6位(2:08:58)
上門大祐 大塚製薬 2:09:27 第71回福岡国際マラソン 日本人2位(2:09:27)
園田隼 黒崎播磨 2:09:34 第67回別府大分毎日マラソン 日本人1位(2:09:34)
村澤明伸 日清食品グループ 2:09:47 北海道マラソン2017 1位(2:14:48)
竹ノ内佳樹 NTT西日本 2:10:01 第71回福岡国際マラソン 日本人3位(2:10:01)
中村匠吾 富士通 2:10:51 第73回びわ湖毎日マラソン 日本人1位(2:10:51)
川内優輝 埼玉県庁 2:08:14 第48回防府読売マラソン 1位(2:10:03)
第71回福岡国際マラソン 日本人4位(2:10:53)
※ワイルドカード(1.ii.)
女子
名前 所属 自己ベスト 出場権を獲得した大会と記録
松田瑞生 ダイハツ 2:22:44 第37回大阪国際女子マラソン 1位(2:22:44)
安藤友香 スズキ浜松AC 2:21:36 第37回大阪国際女子マラソン 3位(2:27:37)
関根花観 日本郵政グループ 2:23:07 名古屋ウィメンズマラソン2018 日本人1位(2:23:07)
前田穂南 天満屋 2:23:48 北海道マラソン2017 1位(2:28:48)
岩出玲亜 ドーム 2:24:38 名古屋ウィメンズマラソン2018 日本人2位(2:26:28)
野上恵子 十八銀行 2:26:33 名古屋ウィメンズマラソン2018 日本人3位(2:26:33)
※2018年3月11日現在